ちいさな心とおおきな世界

悩める若者の雑記と旅行記。チェコ共和国プラハに留学中。

【留学】チェコ留学生活1ヶ月目振り返り。生活とか悩みとか

 

 

 

 

 

いやぁ、すでに留学生活早くも2ヶ月も経過してしまいました…。

さすがに早すぎて記憶が追いつかん。

 

そんなわけで僕の留学生活2ヶ月を赤裸々に振り返ってみます!!!

恥ずかしいぞこの記事結構!!! 

 

 

今回は最初の1ヶ月の振り返り。

まったりと思い出しながら書いてみます

 

 

 

 

 

 

 

留学開始1ヶ月目(2017.9.25~10.30)

 

 

初めの1週間

 

f:id:mockenbird1010:20171204044009j:plain

 

大学のオリエンテーションが始まる5日前くらいにチェコに飛んだのですが、

まあ、主に生活準備のため。ついてすぐオリエンテーションとか授業とかさすがに不安だったからね。

 

 

初めは右も左もわからず、準備も情報収集も大してしてこなかったので

生活を始めることに必死でした。

 

具体的にいうと、バスやトラムの使い方、街の地理、スーパーを見つけるところから、生活用品の買い物、寮の仕組みなど何一つわからずに悪戦苦闘していました。

 

 

 

まあ事前に大学からメールで送られてきた資料ほとんど読んでなかった自分が悪いんだけどね。

 

 

メールでいきなりドバッって英語やらチェコ語でメール来ても読む気にならないんですよ。この時点で留学を舐めきってるし意識の低さが伺えますね。笑

 

 

ただまあそれでも何とか、同じ日本の大学からチェコの同じ大学へ来た友達2人と情報交換しながら、というか基本的にあれこれ教えてもらいながら何とかやりくりしてました。

その節は大変お世話になりました…

 

 

最初はすごい大変だったけど、見るものほとんどが新しく、想像以上に美しく、魅力的なプラハの街並みを歩き回り、迷い、楽しんでいました。

 

初めてのオリエンテーション無事に遅刻していき、ただそこで発覚した事実は今週1週間ずっとオリエンテーションがあると思ってたが、全くそんなことはなく、1週間丸々暇になってしまったという。あれこれ買ったり街中のスーパーとか買い物の場所を把握する時間がいるとはいえ、これは暇になってしまった。どうにかしないと…

 

 

 

 

 

 

 

ルームメイト登場

 

f:id:mockenbird1010:20171204044447j:plain

 

 

ずっとこなくていつくるのかなあ、と期待半分憂鬱半分で待っていたルームメイト。

ある日家に帰ると…

 

いた…!!!!

 

まさかのアイルランド人。名前はジェームズ。うお〜〜〜〜やった〜〜〜

なぜなら僕はアイルランドが大好き。それだけでちょっと親近感わく。単純だから。

(写真右。19歳。ビールとウィード大好き。どうやっても年下に見えない)

 

しかし現在でも引きずる重大な問題が。

彼の英語が早すぎてしかもアイルランド訛りで何言ってるか全然わからない。

いや本当に。

全くわからなくて最初マジで凹んだ。そして喋りかけるのが怖くなった。

その時日本人の友達の一人(ツタン)が一緒にいたんだけど、彼が何とか頑張って聞き取って会話を繋いでくれた。僕は唖然としていた。

 

ちなみにもう1部屋繋がってて4人で1ユニット。

後の二人はアイルランド人ヴィンセントとイタリア人ヤコプ

 

 

この日ツタンと夜ご飯食べようとなってたんだけど、

せっかくだからジェームズも一緒にということで「食べる?」って誘った。

そこでなぜかパスタをピザソースと混ぜた甘いパスタを振る舞い、初日から盛大にやらかす。

 

 

 

 

 

 

 

オクトーバフェスティバル in Munich

 

f:id:mockenbird1010:20171204050541j:plain

てな訳で弾丸日帰りでツタンと一緒に世界最大のビール祭りに行ってくることに!チェコのいろはもわかってないけどノリでドイツへ行くぜ〜〜ハッハー!

 

 

 

 

 

正直日本でビールは飲まない人間なんですが人生史上最多ビールを飲んで無事に酔っ払って帰りのバスを乗り継ぎで逃すというミスをやらかす。予約していたバスの次のバスの車掌さんが優しくて乗っけてくれた。感謝感謝。実際僕がバス停で寝てたせいで乗り過ごしたので、しかも加えてめっちゃ楽観的にしてて、また友達を怒らせてしまった。ごめん…

 

 

f:id:mockenbird1010:20171204050548j:plain

 

 

でもまあクソみたいに楽しかったオクフェス!

 

 

 

 

買い物 IKEA

 

IKEAがあると友達に教えてもらったのでぜひ!と生活用品を買い漁るために。

ツタンと一緒に。というか実際オクフェスの帰りに一旦だけどね。疲れ果ててたけどあれこれ頑張って買った。

 

 どこの国でもIKEAは有能すぎるね。あと街中にあるFlying Tigerも。

 

 

 

 

 

 

 

授業開始

 

f:id:mockenbird1010:20171204045134j:plain

 

 ついに授業始まってしまった〜〜

怖いけど暇だったから嬉しさもある。

友達できるかなあ、と気分は小学1年生。

 

 

履修科目はビビってとりあえず週に5つにしてみた。

2週間くらいまでは履修登録解除もできる。

 

waiting list という仕組みがあって、取りたい授業でも定員に達してたら取れない。

そしてそのwaiting listに登録され、履修中の誰かが取り消ししたら自動的に取れるようになる。

要するに早い者勝ち。何だそれ

 

見事に取りたい授業先を越されてしまって凹む

 

あと取りたかった授業がマスターの人向けが多くて減らしまくり、

最終的に受けている授業は3つという体たらく。

 

チェコ語(週2回)

写真の授業

映画から社会学を学ぶみたいな授業(2週に1回)

 

なんてぬるい…全然嬉しいけど…大丈夫か自分…

 

 

でも初めての授業で先生の指示がわからないとか、

何か聞かれて全然答えられないみたいのもあって正直普通にしんどかった記憶ある。

 

 

よかったのはチェコ語の授業で授業後に数人でランチに行く習慣ができて、

そのおかげで友達ができたこと。これは本当によかった。

 

 

 

 

自由な時間の使い方

f:id:mockenbird1010:20171204050838j:plain

 

自由な時間。というかここまで授業がないとかなりの時間が暇な時間なんだけど何してたか。

 

 

街をぶらついて写真撮る

プラハについての本を読む

チェコ語の自主学習

 

 

が主にやってたこと。あとはかなりの時間寝てた。

日本にいる時以上にビックスリーパーでした。

 

 

英語の勉強みたいなことはほとんどやってなかったですね。

留学中なのに英語に触れなさすぎてすごかった。

 

留学してても自分が何もしなければ日本とそう変わらない生活が送れるんだなってことを知った。

 

 

 

 

 

 

コーヒーフェス

 

プラハコーヒーフェスティバルっていうチラシを見つけて可愛かったから部屋に飾ってたらルームメイトのジェームズが興味を持って行きたいってことになった。

 

そんなわけで週末ルームメイト4人で初めてのお出かけ。

初めてみんなで終日にお出かけになったからすごい嬉しかったし、ワクワクしたの覚えてる。

 

しかし会場に着くと何と今日のぶんのチケットはもう全部売り切れだという。

そんなに大規模で人気なのを想像してなかったからびっくりした。

翌日の日曜日のチケットを買って明日またみんなで行くことにした。

 

代わりに僕のお気に入りのコーヒー屋さんに案内して、

その後ギネスが飲みたいとのことでアイリッシュパブに行き、

ヤコプオススメのバドワイザーが美味しいバーへ行き、

 

と、昼間っから飲み歩いてた。最高すぎか。

 

最後にみんなで買い物して帰った。

 

 

翌日コーヒーフェスにはみんなで行ったものの

想像以上にガチなフェスティバルでスイッチが入ってしまい、みんな先に帰っちゃったので一人ずっと試飲を巡ってた。笑

 

 

 

 

 

初めてのチェコ国内旅行

 

f:id:mockenbird1010:20171204051015j:plain

f:id:mockenbird1010:20171204051020j:plain

週末を利用してチェコ国内の他の都市をみに行くためにプチ旅行

 

チェスキー・クルムロフ

ブルノ

ミクロフ

 

とバスを使って回ってた。

ブルノでは日本人2人と合流して3人で遊んた。

 

チェコの国内には面白そうな場所がたくさんあるし、かなり気軽に行けることがわかった。

 

 

 

 

初めてのプラハ訪問者

 

f:id:mockenbird1010:20171204051807j:plain

僕らは国際系の学部に所属していて、同期で現在ヨーロッパへ旅行している子がたくさんいる。そのうちの2人がそれぞれフランスとドイツから初めてチェコに遊びに来てくれた。

 

何これすごい!

日本の友達がヨーロッパで再開するっていう状況が胸熱。

 

ビール飲んで観光してビール飲んでって感じで楽しく過ごした。

僕はプラハが大好きだし、せっかく来たならその魅力をみんなに知ってもらいたいなあ、って思っていたんだけど、伝えるのはなかなか難しいなって感じた。

 

ツアーガイドの人とか本当にすごいんだなって。

 

 

 

 

 

 

 

悩み

 

f:id:mockenbird1010:20171204050028j:plain

悩みとか苦しんでいたことについて簡単に書いていこう。

 

 

疲労

 

これは一番最初だけだ。

本当にきて1週間目は買い物して疲れて疲れてずっと眠っていた。

やっぱり慣れない環境にいきなり身を置くとさすがに身体は疲れるよねってこと。きっと誰でもなる。でも2週間もすればだいぶなくなるかな。

 

 

 

英語

 

英語で特に授業なんだけど、何が辛いって「先生の指示が聞き取れない・理解できない時」だ。

これは本当に辛かった。「何を言っているか理解できないこと」が僕は大っ嫌い。

 

だってつまんないし。

指示がわからなかったら全く何も面白くない。

しかも「なぜわからないんだ」って苦しむことになる。

 

苦しかったので逃げてしまった。取っていた一番大変な授業を早速諦めたのだ。

 

本当にこれはお前なんで留学してんだって自分でも思った。

でも過ぎてしまったことは仕方ない。何か他の部分で学べることやできることをやろう。

 

 

 

もう一つはルームメイト

一番顔を合わす存在なのに一番何を言ってるのかわからない。

めちゃくちゃ陽気でいいやつなんだけどなあ

苦しかったし、悲しかったし、申し訳なかった。

 

何か喋るたびに聞き返してしまった。「え?ごめんなんて言った?」って

 

そんなの喋ってる側からしたらストレス溜まるに決まっている。でもこれは仕方ないよね。そう割り切って、喋ることを恐れずに続けていこう。それが大事。きっと慣れる。そう信じる。

 

 

 

 

なぜ留学に来ているのか、という問い

 

 

自分の時間がたくさんできると人間はいろんなことを考え出す。

暇だからだ。

 

生きていくために必死に働かなきゃいけない状況にある人はそんなこと考える余裕はない。

必死に働いて、疲れ切って寝て、また起きて働くからだ。

 

そんな時間はないのだ。

 

なのでこれはきっと贅沢で愚かな悩み。

その目的意識をちゃんと持ってこなかったツケなのだ。

 

 

勉強を必死にするわけでもなく、友達と毎日飲み歩くわけでもなく、

一体僕は何のために留学に来ているのだろう。

 

毎日が楽しい!ってわけでもない。

これが将来の自分のためになるんだ!なんて実感もサラサラない。

 

 

人とそういう話をする時は結構スラスラ出てくるのだ。

・海外で生活してみたかった

チェコを起点にいろんなところへ旅行へ行けるから

・写真を色々撮れるから

奨学金が美味しいから

 

などなど。

 

でも圧倒的に自己問答に弱い。

一人で考え込む時はこの回答に自分自身が納得しないようだ。

はて弱った。これ以上何を言えるっていうんだ。

 

きっとこの理由だけじゃあ

日常を生きる上での行動を決める要素が薄すぎるんだなあ。

 

 

じゃあ僕はここでの日常で何をするべきだろうか。何ができるだろうか。

1ヶ月目の最後の方はずっとそんなことを考えていた。

 

 

 

 

「なんかあんまり楽しくない」って思い

 

なぜだろう。いや多分理由ははっきりしている。

友達がいないのと、自分が英語で喋るのを面倒臭がっているからだ。

 

間違いなく。疲れることはしたくないみたいなね。

 

疲れそうなことをしないで楽しさが手に入ると思うな!!じじいか!!

 

 

もしくは何か熱中して時間を過ごせることが欠けているからだと思う。

本を読んでる時間はとても楽しかったが、熱が冷めてしまった。

 

 

何かに熱中すること

友達を作っていっぱい喋っていっぱい遊びにいくこと

 

 

これが課題でしょう。楽しくなるには。

はっきりしてていいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

なんだかんだと色々あった波乱の1ヶ月目であったな、こうやってみると。

 

とりあえず生活に慣れて来て、何よりも留学での

 

 

学生の本分学業を捨てた

 

 

これが大きな割合を占めてるな笑

 

本当にお前その決断するの早過ぎィって感じですが、まあこれも後悔しても時すでに遅しってね。

後悔するよりも有効に時間を使おうと思いまする。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の記録でしかないけれど、もしかしたらこれから留学を考えてる人がいたら、

リアルタイムで留学中の僕のこの思いやら何やらが役に立つかもしれない。

 

そんなことを祈ったり、祈らなかったり。