ちいさな心とおおきな世界

悩める若者の雑記と旅行記。チェコ共和国プラハに留学中。

【一人旅】ポーランド夜の街で大人の教訓を学んできたわ。。。

 

 

 

友達からの連絡待ってて寒空の下(1度)で1時間弱待たされて凍えてました。二度と北国に住みたくないです、どうもこんにちは。

 

 

 

今回はクラクフの夜の街で大きな痛みと教訓をもらってきた話…。

 

 

 

 

 

高級夜ご飯

 

 

ちょっと高いレストランで夜ご飯にポーランド料理をまず食べてきた。

ブロガーさんのオススメになってたレストランだったから行ってみたんだけど、外から見た感じ、「the良いレストラン!!」って感じで普段なら僕が絶対入らないようなところだった。

雰囲気おしゃれだし、中では大人たちがワイン飲みながらおしゃべりを楽しんでおりますよホホホみたいな感じ。とりあえずすごい入るのが憚られた。夏だったら絶対入らないね。バックパッカー中の服装がひどいから。でも冬でフォーマルな格好とまでは行かなくてもシャツにセーターみたいな感じだったし、まあいけるか!ということで突撃。

 

 

店員さんが花柄模様みたいな制服で可愛かったし愛想がよかった…

 

写真撮り忘れたぜ…(盗撮)

 

メニューはなんと日本語まである!!すごいなここ!!約がちょっと上手くなくて可愛いところもあったりと楽しんでいたら、注文を聞かれて、テンパって、スープもメインもビールも頼んでしまった。なんかちょっといいレストラン入るとケチケチしづらいよね。変な見栄張らなきゃいいのに…

 

 

どーん

f:id:mockenbird1010:20171130053718j:plain

 

この雰囲気にビビってしまった。シルバー並べてくれるようなお店に入ったことなんてないぞ旅行中に、、パンも普通のと木の実が混ざっているものが二種類ついている。贅沢か!

 

ちなみに前行ったレストランでもそうだったので、多分ポーランドのあるていどちゃんとしたレストランではパンとそれに塗るものが勝手についてくる様子。もしかしたらスープ頼んだ人限定かもしれないけど。別料金で勝手にチャージが取られるようなことはなかった。

 

 

 

 

バルシチ(赤カブのスープ)

 

f:id:mockenbird1010:20171202082045j:plain

 

これは結構ポーランドの伝統的なスープのよう。日本人にはあまりなじみのない感じの味。酸味と甘みがいい感じにバランスが取れてて美味しい。全体的に味が濃いんだけど、中にピエロギというポーランド風の餃子が入っていて、それが味薄いので絶妙にバランスが取れている。

 

 

 

ゴヴォンキ

 

f:id:mockenbird1010:20171130053725j:plain

 

ポーランド風ロールキャベツ。中にお米など雑穀とお肉のミンチが合わさって入っている、前もボレスワヴィツェで食べたんだけど。アゲイン。なぜかっていうと、これ!キノコソース!!普通はトマトソースが一般的なのですが、キノコと聞いて飛びついた。キノコは大好物。

余談なんだけど、ポーランド人もキノコ大好きでキノコ狩りする民族らしい。チェコと一緒なんだって。可愛い。

そしてゴヴォンキは相変わらず重い…。

前回から何も学ばずに結局苦しくなるまで食べた。

ここのゴヴォンキは前回のところよりお米の主張が強くて、しかもキノコソースはかなり味控えめ。トマトソースの時と正反対。不思議だなあ。場所によって味が違うのかもなあ。

 

 

 

 

ちなみに奥の方の席に日本人のいい身分な感じの大人と僕くらいの年の青年が(大学生と教授かなあ?って雰囲気)グループで座って、みすぼらしく端っこで一人で食べる日本人の僕はなぜかいたたまれない気持ちに…

 

 

 

てな訳でお会計は全部で約2000円。ヤッフーーーイ。結構金飛ばしたなあ。

仕方ない、見るからに高そうだったし覚悟して入ったから。

 

 

普段食事も何もかもカツカツでやってるのに突然おおkな出費をするから、

本当金銭管理下手だよなあ、っていっつも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の街

 

 

さて本番は実はこっから。

 

そのままビール飲んで気分良く夜の街並みを見ながら散歩していた。

 

どうしようかなあ、お城の方でも行ってみようかなあ、とか考えながら。

 

 

 

と、そこに声かけられた。

「ちょっと休んで行かない?今ならエントランスも安いしビールもこの値段!」

 

 

とのこと。クラブの客引きかな。

普通に断っていたのだが結構しつこくて、まあ言ってる値段もそんなにバカ高いわけではないしと、押し負けて中へ入ってしまった。いや、今考えると完全にアホやな自分。

 

 

でも僕は子供だったのだ。そしてちょっと酔ってたんだと思う。

 

 

そして普通にいつもの感じのミュージッククラブかバーを想像していた僕は入って見てびっくり。きっとこれがいわゆる「ナイト・クラブ」って呼ばれるやつなんだろうな。

 

 

全体的にピンクい店内の中、ちょっとゆったりめな音楽が流れ、女の子が下着でポールダンスしてた。うおおおおお。やべええ、やべえとこ来てしまった。これはマジで焦った。入ってすぐ地下でもなんでもないところに、外とは異空間がひろがってるしね。

 

 

こーゆーのか

f:id:mockenbird1010:20171202093031p:plain

 

こーゆーのを想像してたら、

f:id:mockenbird1010:20171202093027j:plain

 

 

こんなんでした……

f:id:mockenbird1010:20171202093022j:plain

 

 

 

しかし一回okと言って入ってしまった身分。何もせずにすぐに帰るわけには行かない。

すぐにスタッフの女性見たいのが僕の座るソファにやって来て注文をとる。とりあえず一番安いビールにした。外で言ってた値段より若干高いが、まあ許容範囲内。500円くらいではあった。

 

 

 

ちょっと落ち着くと、冷静になり、なかなか新しい世界に飛び込んで来た実感を持った。普段だったら一人でこんなところ入る勇気ないし、普通に理性が止める。しかし偶然入ってしまったという免罪符を得た僕は、すこし心に余裕を持てた。こんなことでないとまず入ることないだろうしなあ。

 

 

お店の中心にポールがあって奥にバーカン、そして中心にポールステージがある感じ。

周りのソファでは他の男性が周りに女の子侍らせていたり、うわあ、まさに。って感じ。要するにキャバクラみたいなもん?キャバクラも行ったことないからわからんのだけどこんなかんじでしょ多分。。

 

 

 

店内観察してると一人の女の子が横に来て自己紹介し始めた。まあそうなるわな。

ちょっと警戒してたんだけど、思ったより女の子が普通にいい子で、なんか普通の会話してた。日本が好きって話とか(今考えればこれも常套句か…)、向こうの大学の話、ポーランド旅行しててどこ行ったのとか、ポーランド料理について教えてもらったり。あんまり英語上手くはないんだけど、まあ喋れて色々話してた。

 

うん。これは正直普通に楽しかった。今回ポーランドの人と喋る機会全くなかったからなあ。お店だろうと現地の人と喋れるのはいいなあ、と。

 

 

 

しかしそこからよ。

さっきにスタッフが来て

「ヘーーイ、楽しんでる!?どう?この子いい子でしょ?

 もういっぱいビールどう?ていうかこの子に飲み物買ってあげなよ!!」

みたいにハイテンションでめっちゃ入ってくる。

 

 

いやこの人も笑顔だから悪い気はしないんだけどさ。正直。

それほどにチェコポーランドは普通に生活してて人の笑顔に触れられない。

日本では当たり前の接客スマイルは微塵もない。それはしばらく生活していると割と辛い。

 

とにかく僕の笑顔耐性は激落ちしていた

 

 

 

いや払わないよ。って断っても、なんだこいつありえねえ!みたいな感じで

なんかすげえ執拗に女の子のドリンクを買わせようとしてくるから、

まあ多分ルールなんだろうなと思って仕方ないので払った。

 

これは割と高かった。女の子専用のメニュー見たいのがあって、

なんかおれのドリンクより遥かに高いの完全に解せないけど、

仕方ないから払った。まあさすがに500円でこの店入ってるのはやばいよなっていう金銭感覚的な判断があった。

 

 

 

 

完全にここでやめておくべきだった。

 

 

 

 

なんかその女の子の元に来たきらびやかで巨大なトロピカルドリンクと一緒にショットが2杯分運ばれて来た。これもついてたんか。

 

 

 

あ、ちなみに支払いは全部注文した瞬間に払わされる。

ちゃんといちいちレシートもくれるし、それもあってあとでいきなり高額請求があることもありえないので、割と安心して払っていた。

ちなみに現金がなかったのでいちいちカード。

 

 

 

そして予想通りショットはヴォッカ。

う〜〜〜ん、まあ確かにせっかくポーランドだからヴォッカ飲みたかったし、と思って飲んだ。甘い。確かはちみつが混ぜてあるんだっけな?はちみつだけじゃなくてフルーツが混ぜてあったりいろんな種類のヴォッカがあるらしい、さすがポーランド…ヴォッカにかける情熱がすごい…

 

でも確かにこれは美味しかった。

ポーランド人が好きな理由もわかるかも。

ショットグラスだったのにヴォッカと聞いてビビったのと、甘かったから味を知る意味でちびちび飲んでいたら、これは一気に飲むもんなんだ!!!て怒られた。

 

いや、飲み会かて。飲むけどさ…

 

 

そしてなぜかもう一杯のヴォッカも渡された。

これも僕が飲むの?え、君のじゃないの???とか言ったら

私にはこれがあるとグラスを掲げられた。いやすまん、ジュースにしか見えん。。

 

 

 

 

飲んでしゃべっているとさっきのスタッフがきて店からのサービスだ

とか言ってでかいドリンク持って来てくれた。

 

怪しんだけど、その都度会計のシステムだったから請求させることもないかと思い普通にいただいた。

 

 

 

そんな感じで飲んでしゃべっていると、

 

他の女の子たちも来たりでカオスなことに。

彼女らのぶんも払わされ、またサービスドリンクがきて飲んで、

なんかボトル買わされて、飲まされまくった。

 

 

 

正直そこまで覚えていないが、必死にクレカだけを守っていた気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやあ。

盛大にやらかした。。

 

 

 

 

 

 

 

 

完全にやらかしですよこれは。

気づいたら酔ってたからね。場酔いもあったんだろうけど。

 

 

 

2本目のボトルを入れしつこく頼まれた時に値段を見てハッと我に返って、逃げるように外へ這い出て来た。我に返った瞬間ほど恐ろしい瞬間はなかったわ。

 

 

夜の寒い中をバスを使わずにトボトボ歩いて宿に帰っていった。

泣きそうだった。。

 

 

 

 

 

 

 

 

教訓

 

 

マジで海外でナイトクラブ(?)に行くもんじゃない。

 

もうやられたわ。

ありとあらゆるものが仕込まれていた。振り返る。

 

笑顔

この国の接客とかが笑わないのをいいことにあそこまで優しく明るく振舞われたらそれは気を許しますわ。

 

自分のドリンクの安さ

これがなかったらそもそも中に入らなかったからね。

 

オーダー毎の支払い

安心感を持たせられた。これで過剰な請求はないんだって思わされる。

カード入力する都度すごい大げさに反対側を向いてるのも徹底してるんだなあとか思っちゃった。

 

酔わせにくる

これは考えてなかった自分が完全にバカなんだけど、直接高いものを買わせにくることばかり警戒して、サービスドリンクとかでガンガン酔わせに来てた。そして判断力を低下させる。しかも場酔いみたいのも重なってもうねえ…

 

通貨

もうこれが一番問題。支払いの時にいちいち計算しなきゃいけない。ヅロチだとざっくり30倍するだけなんだけど、それでも酔ってるし、慣れない通貨計算でミスる。書いてるだけで泣きそうだ…

 

 

 

 

 

一人旅中に初めてそういう店に行くのは絶対やめたほうがいいですよ!本当に!

マジで気をつけてください!こんななバカな真似をかますのは自分くらいだと思うけど!!!!

 

行くなら行くでこれらを気をつけるのと、絶対にクレカ支払いはやめたほうがいいです。制御がなくなります。自分で使っていいだけを財布に現金で入れてクレカは存在しなかったことにしましょう。コントロールが飛びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

何が悪かったかっていうと、

 

 

総じてナイトクラブ童貞すぎたわ。流石に。

 

 

 

 

まんまといいカモになってしまった。。

お金ももちろんなんだけど、してやられた感が悔しくて悔しくて。

 

あいつら店出た後笑ってたんだろうなあとか考えるともうクソーーー

 

 

この出費は高すぎる授業料として払っておきます。

無念過ぎるけど。今更うだうだいっても始まらないし、お金は返ってこないし。完全にこっちのミスだし。。

もう痛い目見たから、絶対こんなことにはならないようにする。うん。(涙目)

 

 

 

 

痛いめ見すぎたあつきでした。痛みとともにちょっぴり大人になった気分。

旅行中で過去最大の無駄な出費。

 

人生何事も経験!立ち直れ自分!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村