ちいさな心とおおきな世界

悩める若者の雑記と旅行記。チェコ共和国プラハに留学中。

プラハというまちに住んでみて

 

 

 

さて、プラハに住み始めてからいつの間にかになんと一ヶ月も経過しています。

驚きを隠せない。光陰矢の如しとはこのことですね。恐ろしい。

 

学校やら生活に慣れるために必要な時間だったと割り切りますね!笑

 

それでも曲がりなりにもこの街で一ヶ月間も過ごして、この街のことを大好きになっているので、印象とかをつらつら紹介していこうと思います!みなさんがチェコにちょっとでも興味を持ってくれたら幸いです^^

 

 

 

通貨

 

一応先に基本情報として。

通過はチェコ・コルナ(クラウン)です。


f:id:mockenbird1010:20171110023623j:image

1コルナ=5.1円くらいです。EU加盟国ですけどユーロは使えないので気をつけてくださいね〜

 

 

物価

 

東欧とはいえヨーロッパ…それなりの物価ですが…

 

ビールパンが異常に安い!!!!

f:id:mockenbird1010:20171109102545j:image

本当に異常なくらいです。日本のビール好きのみなさん、衝撃の事実を言います。

レストランで生ビール500mlが日本円にして、約150円で飲めちゃいます。

スーパーで缶や瓶ビールを買うと、約80円くらいで飲めちゃいます。

日本で言えば、生500円、缶ビールで300円くらいが相場じゃないでしょうか?

余裕で半額以下ですね。はい。日本のみなさんが最初の乾杯の生を飲んでる間に、我々は3杯も美味しくいただけるわけです。今のでだいぶチェコに来たいと思った人多いんじゃないでしょうか?笑

 

しかもチェコのビールは飲みやすくて美味しい!日本のビールのモデルとなったとされるピルスナーの発祥の地でもあるんです!

値段も味も、種類によってもちろん差はありますけどね!

 

ちなみにパンはスーパーで買って小さいものなら10円からあります。

大きな塊のパンで100円。クロワッサンやサンドイッチに使うような小さめなフランスパンみたいな形のパンはだいたい50円です。そういう国なんです。

 

 

しかしその他の物価は残念ながらここまで安くはありません。仮にもヨーロッパなので(仮でもなんでもないけど)

それでもだいたいのものは日本よりも安いですね。

レストランで外食をするとだいたい700-1000円くらいですね。

サンドイッチなどで安く済ませると500円以下でも食べれたりします。

(ちなみに僕の大学の学食は300円くらいでスープまでついて一食食べれちゃいます)

 

 

料理

チェコ料理のイメージって、あんまりないのではないでしょうか。

好みは別れるけど、チェコで外食する際の定番チェコ料理メニューをご紹介!

 

クネドリーキ

これは日本食におけるコメですね。蒸しパンみたいなもので、だいたいどのチェコ料理にもついていたりします。好みは分かれそうですけど、もちもちしていてかなり美味しい…気をつけなきゃいけないのがかなり重いのでお腹にずっしり来ます。しかもお店によっては、4枚も5枚も乗せてくるので少食の人はきついかも!

 

・グラーシュ

元々はハンガリーの料理なのだとか!でもチェコでも代表的な伝統料理として至る所で食べれます。簡単に言えばビーフシチューです。丸いパンの中をくり抜いて容器にした中に入れて出してもらえます^^ かなり日本人の口に合うであろう優しい味です。

 

・ローストダック

ヒルの肉をローストしたものをドンっと豪快に出されます。文句なしに絶品。

 

ローストポーク

豚肉の分厚い切り身を焼いてこってりとしたソースと一緒に食べます。贅沢な…

 

・フライドチーズ

サクサクした衣の中にトロッとしたチーズが包まれているその食感がたまらない。カロリーの塊なのでご注意を。

 


f:id:mockenbird1010:20171109102609j:image

ローストポーククネドリーキ

 
f:id:mockenbird1010:20171109102709j:image

プライドポテトとチキン

f:id:mockenbird1010:20171109102858j:image
ローストダック



f:id:mockenbird1010:20171109103129j:image
グラーシュ

 

まだまだ他にも色々ありますけど代表的なのはこの辺。

海なし国なので基本的にお肉を食べますね。以前伝統料理ということで、鯉のフライを食べたのですがまあまあでした。これだったら肉の方がいいかなあ。

 

 

 

歴史

この国の何が面白いって、歴史ですね。少し勉強してびっくりするくらい興味を惹かれました。中世にキリスト教の腐敗を批判して、民衆にわかりやすいように説教をし、正しいキリスト教を維持しようとして教皇に呼び出され処刑された聖職者。そして彼のいしを継ぎ教会を批判し、カトリックに抵抗した民衆たち。神聖ローマ帝国という大きな帝国の一部だったプラハを当時の帝都ウィーンと並ぶような立派な街にしようとした偉大な王の存在。文芸や錬金術に凝り「魔術王」と呼ばれた王。第一次世界大戦後の民族独立。そしてナチスドイツによる占領。第二次大戦後に独立を果たしたがソ連の影響の下に共産主義国となり、何と言っても『プラハの春』、1968年の民主化運動である。ソ連や他の共産主義諸国に批判されながらも言論の自由をはじめとする改革運動であるが、革命の波及を恐れたソ連による軍事介入で押しつぶされてしまった。しかしその影響もあり1989年には静かに、流血を伴うこともなく革命が成功した。ついに民主化が成功したのである。長きに渡る他民族の占領の歴史の果てに今のチェコという国を勝ち取ったのである。

 

チェコの歴史とは、占領してくる他国の、武器を手に、恐怖を原動力に押し寄せてくる軍隊に対して、勇気をもち、戦車ではなく言葉を武器に我慢強く戦った、そんな無名の市民たちの歴史であると感じた。

 

学べば学ぶほどもっと知りたくなるし、チェコの市民に対する尊敬を持つようになる。

 

と、まあ長くなってしまうのでこの辺りで!笑

 

 

詳しく知りたい方は僕がプラハという街を知るためにとりあえず読んだ本たちです↓

こちら絶賛オススメしておきます!全部楽しくて読みやすいものたちです。

そうじゃないと興味惹かれないから!!笑

 

 

 

街並み

さて。やっぱりプラハといえば街並み、建築ですよね。

中世から残る壮大な建築群が未だに残っているのです。なぜ?それはきっとプラハの市民たちが押し寄せる外敵から、街を守っていく決断をしてきたから。この美しい建築群は、この街を愛する人々の不断の戦いの結晶なのです。 

 

f:id:mockenbird1010:20171110021907j:plain

『百塔の街』と言われるだけあちこちあってとんがってる

 

実際のところ、こっちくるでは正直建築様式とかあまり興味ありませんでしたし、難しくて違う世界のものように感じていました。ですが、そんな僕でも思わず興味を持ってしまうくらいこの街には見ただけで様々な建築様式が存在し、それらが一つの街の中に不思議な調和をもたらしているのです。なんてこった。こんな不思議な調和があるものなのか。

 

簡単に建築様式を区分すると、

ロマネスク様式、ゴシック様式ルネサンス様式、バロック様式、そしてアールヌーボー、更にはキュビズムの建築があり、近代建築となっていきます。

 

キュビズムってあの絵画の世界で有名なキュビズムですよ。ピカソとか。

その様式を建築にしちゃったとんでもないぶっ飛んだ建築家たちがプラハにいたんですよ!ちなみにこれは世界でもかなり珍しいものだそうです。プラハの街の中心地に「黒い聖母の家」と呼ばれる建物がそのキュビズム建築の博物館になっていたりもします。

 

 

建築に関してはここで詳しいことをいうのは控えておきます。一ヶ月経ってプラハがどんな感じか、ってくらいの記事なので。

 

 僕の感想としては、とにかく街並みは美しく、主要通りの脇にそれた細い裏路地がくねくねと続き見たこともないものを見せてくれるようなワクワク感をもたらしてくれます。それがもう最高です。今でもちょっと知らない道に迷い込んでいると全く知らなかった教会があったり、お店があったり、地元の人々の生活が見えたりします。プラハの街並みは、飽きさせずに、常に見る人を楽しませてくれます。

 

f:id:mockenbird1010:20171110022103j:plain

どこかへ誘うかのような小道が大好き

 

あとは素だと思うのがですね。

屋根は美しく町中がオレンジ色。夕日によく生えます。

f:id:mockenbird1010:20171110021736j:plain

オレンジに統一された屋根たち



 

 

建物も古く歴史を感じさせてくれるとともに、鮮やかに色の建物が立ち並び可愛らしい童話の中のような姿を見せてもくれます。う〜〜ん、美味しいところづくし。

 

 

またちょっと郊外に住宅地やビジネスエリアが集中しているようです。

中心地が川の両側に旧市街、マラーストラナをはじめとする観光地、そして新市街の中心通りがある感じです。観光の中心である歴史的なエリアと、近代的な商業の中心となるエリアがこんなに近くに一緒にあるっていうのも不思議なものですよね。

 

f:id:mockenbird1010:20171110022509j:plain

中心より南側には大きなオフィスビルが見えたり

 

 

夜の冷たく引き締まるような独特の空気感も素敵です。

街灯が弱いオレンジ色のものに統一されていてヨーロッパの歴史ある雰囲気を味わえます。

 

f:id:mockenbird1010:20171110022253j:plain

夜にはまた違った顔を見せてくれる


時間の違いはもちろん、きっと春夏秋冬それぞれ別の姿をしているような気がします。

これからが楽しみでしかない…雪降ったら美しそうだなあ…

 

 

まとめ

今回きて一ヶ月くらいでなんとな〜く感じたこととかを簡単にまとめてみました。

ちょっとでもプラハに興味持ってくれたら嬉しいなあ、なんて思ってます。

 

 

 

 

それでは!